2014年09月15日

Firebird 2.5.3 のインストール


1.  http://www.firebirdsql.org/からダウンロードします。
0001.png
2. バージ゛ョンを選択します、今回は2.5。
0002.png
3. プラットフームの選択をします。
0004.png
4. 今回は、64BitのEXEを選択。
0005.png
5. ダウンロードが開始されます。
0006.png
6.  Firebird-2.5.3.26778_0_x64.exe 
0007.png
7. 管理者として、実行します。
0008.png
8. OK。
0009.png
9. Nextで、次へ。
0010.png
10. I acepppt the agreement を選択し、Nextで、次へ。
0011.png
11. Nextで、次へ。
0012.png
12.
0011.png
13.
0012.png
14.
0013.png
15. Nextで、次へ。
0014.png
16. Nextで、次へ。
0015.png
17. 
0016.png
18. チェックをはずす、Nextで、次へ。
0017.png
19. Installで、次へ。
0018.png
20.
0019.png
21.
0020.png
22.
0021.png
23.
0022.png
24.
0023.png
25.
0024.png
26.
0025.png
27.  cd C:\Program Files\Firebird\Firebird_2_5\bin
0026.png
28.  gsec -user SYSDBA -password masterkey
0027.png
29.  modify SYSDBA -pw Passwd6
0028.png
30.  quit
0029.png
31.
0030.png
32.
0031.png
33.  
0032.png
34.  
CREATE DATABASE 'C:\fb25x\testdb.fdb'
USER 'SYSDBA' PASSWORD 'Passwd6'
PAGE_SIZE = 8192
DEFAULT CHARACTER SET UTF8;
0033.png
35.
0034.png
36.
0035.png
37. Windowsファイアーウォールを選択します。 
fbw01.png
38. 詳細設定を選択します。
fbw02.png
39. 受信の規則を選択します。 
fbw03.png
40. 新しい規則...を、選択します。
fbw04.png
41. ポートを選択します。
fbw05.png
42. 特定のローカルポートを選択し、 3050 を入力します。
fbw06.png
43. 接続を許可するを選択します。
fbw07.png
44. 
fbw08.png
45. この規則の名前と説明を指定してください、と表示されます。
fbw09.png
46. FirebirdSQLと入力します。
fbw10.png
47. 一覧に追加されます。
fbw11.png










タグ:FIREBIRD
posted by a23 at 11:27| Comment(0) | 05. Firebird

2014年09月23日

IBConsole のインストール (GUIクライアントツール)

IBConsole(Unicode 版) のインストール (GUIクライアントツール)
クライアント側の設定 (2014/09/23現在)

0001.png
0002.png
3. ibc_unicode_rel40_win64_ja.zip (64bit)を解凍します。
0003.png
4. IBConsoleフォルダーができていますので、自分で使いやすいように、任意で、移動します。(そのままでもOK)
0004.png
5.  IBConsole.EXEを実行します。
0005.png
6. IBConsoleが、起動しました。
0006.png
7. メニューから、サーバ → サーバを登録 を選択します。
0007.png
8. サーバの登録と接続が、表示されます。
0008.png
9. 必要な項目を入力していきます。
0009.png
10. パスワードは、サーバ で設定した、Passwd6 とします。
0010.png
11. エラーが表示。 ibclient64.dllが見つかりません。
0011.png
12. Server機より、fbclient.dll をコピーします。
0012.png
13. fbclient.dll → ibclient64.dllにリネームします。
0013.png
14. 起動。
0014.png
15. パスワードが、尋ねられます。
0015.png
16. Passwd6 を入力。(デフォルトでは、masterkeyです)
0016.png
17. サーバに、接続されました。
0017.png
18. testdb.fdbのデータベースの登録を行います。
0018.png
19. データベースを選択し、データベースを登録を選択します。
0019.png
20. データベースを登録と接続画面が表示されます。
0020.png
21. 必要な項目を入力していきます。
ファイルは、サーバー機上のフルパスと、ファイル名です。
エリアスは、IBConsole上に、表示される名前です。
ユーザー名とパスワードを入力、ロールは空白でもかまいません。
文字コードを選択していきます。
0021.png
22. データベースに接続されました。
0022.png





posted by a23 at 14:52| Comment(0) | 05. Firebird

2014年10月05日

Delphi XE6 FireDAC Connection Firebird2.5.3 (64bit)

1. GroupBox1に
    LabeledEdit1.Caption  [Server]
    LabeledEdit2.Caption  [Database]
    LabeledEdit3.Caption  [user]
    LabeledEdit4.Caption  [Password]
    LabeledEdit5.Caption  [ServerCharSet]
    LabeledEdit6.Caption  [VendorLib]   

FireDACコンポーネント
  FDConnection1
  FDPhysFBDriverLink1
  FDGUIxWaitCursor1
  FDQuery1

SpeedButton1 →接続
SpeedButton2 →Create Table
SpeedButton3 →Drop Table
Fb001.png
2.  FDConnection1→DriverName→FB
Fb002.png
3.  FDQuery1→Connection→FDConnection1
Fb003.png
4.  接続ボタンを押す。
Fb004.png
5.  [FireDAC][Phys][MySQL]-314.ベンダライブラリ[fbclient.dll]を読み込めません。指定されたファイルが見つかりません。
ヒント:PATHまたはアプリケーションのEXEディレクトリら含まれているか、x86ビットであるかを確認してください。
Fb005_err.png
6.  Debugフォルダに移動。
Fb006.png
7. dllを、配置
fbclient.dll
Fb007.png
8.
Fb008.png
9.
Fb009.png
10.
Fb010.png
11.
Fb011.png





//------------------------------------------------------------------------------
//Delphi XE6 FireDAC Connection
//Firebird2.5.3SS
//------------------------------------------------------------------------------
unit FD_Con_FbSQL253_Unit;

interface

uses
  Winapi.Windows, Winapi.Messages, System.SysUtils, System.Variants, System.Classes, Vcl.Graphics,
  Vcl.Controls, Vcl.Forms, Vcl.Dialogs, FireDAC.Stan.Intf, FireDAC.Stan.Option,
  FireDAC.Stan.Error, FireDAC.UI.Intf, FireDAC.Phys.Intf, FireDAC.Stan.Def,
  FireDAC.Stan.Pool, FireDAC.Stan.Async, FireDAC.Phys, FireDAC.Phys.FB,
  FireDAC.VCLUI.Wait, FireDAC.Stan.Param, FireDAC.DatS, FireDAC.DApt.Intf,
  FireDAC.DApt, Data.DB, FireDAC.Comp.DataSet, FireDAC.Comp.Client,
  FireDAC.Comp.UI, FireDAC.Phys.IBBase, Vcl.StdCtrls, Vcl.Buttons, Vcl.ExtCtrls;

type
  TForm1 = class(TForm)
    GroupBox4: TGroupBox;
    LabeledEdit1: TLabeledEdit;
    LabeledEdit2: TLabeledEdit;
    LabeledEdit3: TLabeledEdit;
    LabeledEdit4: TLabeledEdit;
    LabeledEdit5: TLabeledEdit;
    LabeledEdit6: TLabeledEdit;
    Panel1: TPanel;
    SpeedButton1: TSpeedButton;
    SpeedButton2: TSpeedButton;
    Label1: TLabel;
    SpeedButton3: TSpeedButton;
    FDConnection1: TFDConnection;
    FDPhysFBDriverLink1: TFDPhysFBDriverLink;
    FDGUIxWaitCursor1: TFDGUIxWaitCursor;
    FDQuery1: TFDQuery;
    procedure SpeedButton1Click(Sender: TObject);
    procedure SpeedButton2Click(Sender: TObject);
    procedure SpeedButton3Click(Sender: TObject);
  private
    { Private 宣言 }
  public
    { Public 宣言 }
  end;

var
  Form1: TForm1;

implementation

{$R *.dfm}

procedure TForm1.SpeedButton1Click(Sender: TObject);
begin
  //FDConnection1.Params.Values['Server']     :=LabeledEdit1.Text;
  FDConnection1.Params.Values['Database']   :=LabeledEdit1.Text+':'+LabeledEdit2.Text;
  FDConnection1.Params.Values['User_Name']  :=LabeledEdit3.Text;
  FDConnection1.Params.Values['Password']   :=LabeledEdit4.Text;
  FDConnection1.Params.Values['CharacterSet']:=LabeledEdit5.Text;
  FDPhysFBDriverLink1.VendorLib    :=LabeledEdit6.Text;

  FDConnection1.Connected:=True;
  if FDConnection1.Connected=True  then Label1.Caption:='Connection Successful '
  else                                  Label1.Caption:='Not connected';
end;

procedure TForm1.SpeedButton2Click(Sender: TObject);
var
  sqlstmt:string;
begin
  sqlstmt:='CREATE TABLE TEST_TBL '+
  '('+
  'TS_NO      INTEGER  not null,'+
  'TS_NAME    VARChar(30) ,'+
  'TS_QTY     DECIMAL(14,2) Default 0 ,'+
  'TS_BLOB    BLOB ,'+
  'primary key(TS_NO)'+
  ')';
  if FDConnection1.Connected=true then
  begin
    try
      FDQuery1.SQL.Clear;
      FDQuery1.SQL.Add(sqlstmt);
      FDQuery1.ExecSQL();
      ShowMessage('CREATE TABLE');
    except
      on E: EFDDBEngineException do
      ShowMessage(E.ClassName+' error raised, with message : '+E.Message);
    end;
  end
end;

procedure TForm1.SpeedButton3Click(Sender: TObject);
var
  sqlstmt:string;
begin
  sqlstmt:='DROP TABLE TEST_TBL ';
  if FDConnection1.Connected=true then
  begin
    try
      FDQuery1.SQL.Clear;
      FDQuery1.SQL.Add(sqlstmt);
      FDQuery1.ExecSQL();
      ShowMessage('DROP TABLE');
    except
      on E: EFDDBEngineException do
      ShowMessage(E.ClassName+' error raised, with message : '+E.Message);
    end;
  end
  else ShowMessage('Connected ERR');
end;

end.





posted by a23 at 13:53| Comment(0) | 05. Firebird