2014年09月12日

Microsoft SQL Server 2014 Express のインストール

サーバー側の設定
(2014/09/12)ダウンロードからインストール完了までの、所要時間 1時間20分程度かかりました。

1.  Microsoft Download Centerより、ダウンロードを選択します。
0001.png
2. ExpressAndTools 64BIT\SQLEXPRWT_x64_JPN.exe を選択します。
0002.png
3. ダウンロードが開始されます。
0003.png
4.  SQLEXPRWT_x64_JPN.exe
004.png
5. 右クリックして、管理者として実行。
0011.png
6.
0012.png
7.
0013.png

8. しばらく、画面に変化なし。
0014.png
9. Microsoft SQL Server 2014 セットアップは現在の操作を処理しています。 しばらくお待ちください。
0015.png
10. SQL Server の新規スタンドアロンインストールを実行するか、既存のインストールに機能を追加します、を選択します。

0016.png
11.
0017.png
12. ライセンス条項に同意します、にチェックし、次へ。
0018.png
13.
0019.png
14. 必要に応じて、Microsoft Updateを使用して更新プログラムを確認する、チェックします。
0020.png
15. 
0021.png
16. デフォルトでチェックされた、状態で、次へ。
0022.png
17. 次へ。
0023.png
18. 次へ。
0024.png
19. 変更します。
0025.png
20. 混合モード (SQL Server認証とWindows認証)にチェック。
    パスワードを Passwd6 と入力し、次へ。
0026.png
21. ここから、すこし時間がかかります。
0027.png
22. しばらく、この状態です。
0028.png
23.
0029.png
24. インストール完了。 OKを押します。
0030.png
25.
0030.png
26. 閉じる、を選択します。
0031.png
27. ×で閉じます。
0032.png
28. SQL Server 2014 Management Studio
    と
    構成ツール を使用します。

0033.png
29. SQL Server 2014 Management Studio
0034.png
30. 
0035.png
31. 認証を切り替えます。
0036.png
32. SQL Server認証 
     ログイン  sa
    パスワード Passwd6
0037.png
33. 接続されます。
0038.png
34.
0039.png
35. 新しいデータベースを選択します。
0040.png
36. 
0041.png
37. testdb を入力してOK。
0042.png
38. testdbが、作成されました。
0043.png
39.
0044.png
40. Management Studioを終了します。
0045.png
41.  構成ツールを選択します。
0051.png
42. SQL Server2014構成マネージャーを起動します。
0052.png
43. SQL Serverネットワークの構成を選択します。
0053.png
44. SQLEXPRESSのプロトコルを選択します。
0054.png
45. TCP/IPのプロパティを選択。(ここで、有効化を選択でもOK)
0055.png
46. 有効 いいえ→はい、に変更します。
0056.png
47. はいに、変更されたら、、適用を押します。
0057.png
48. 加えた変更は、すべて保存されます。ただし、サービスを停止して再開するまで、その変更は有効になりません。
0058.png
49. IPアドレス タブを押します。
0059.png
50. -

51. -

52. IPALLのTCPポートに、 1433 を入力。
0062.png
53.加えた変更は、すべて保存されます。ただし、サービスを停止して再開するまで、その変更は有効になりません。
0063.png
54.
0064.png
55. SQL Serverのサービスを選択します。
0065.png
56. 右クリックして、再起動を選択します。
0066.png
57. 再起動中。
0067.png
58. Windows ファイアウォールを設定します。
0071.png
59. 詳細設定を、選択します。
0072.png
60. 受信の規則を選択
0073.png
61. 新しい規則...を、選択します。
0074.png
62. ポートを、選択します。
0075.png
63. 特定のローカルポートを選択し、 1433 を入力します。
0076.png
64. 接続を許可する を選択します。
0077.png
65. 今回は。ローカル接続の環境構築なので、フーライベートにチェックします。
0078.png
66. この規則の名前と説明を指定してください、と表示されます。
0079.png
67. MS SQL Server と入力します。
0080.png
68.  一覧に追加されます。
0081.png

タグ:MS SQL Server
posted by a23 at 18:47| Comment(0) | 02. MS SQL Server Express

2014年09月22日

SQL Server Management Studio 2014 のインストール (GUIクライアントツール)

SQL Server Management Studio 2014 Express  のインストール (GUIクライアントツール)
クライアント側の設定 (2014/09/22現在)

1.
0001.png
2.
0002.png
3.
0003.png
4.
0004.png
5.
0005.png
6.
0006.png
7.
0007.png
8.
0008.png
9.
0009.png
10.
0010.png
11.
0011.png
12.
0012.png
13.
0013.png
14.
0014.png
15.
0015.png
16.
0016.png
17.
0017.png
18.
0018.png
19.
0019.png
20.
0020.png
21.
0021.png
22.
0022.png
23.
0023.png
24.
0024.png







posted by a23 at 10:34| Comment(0) | 02. MS SQL Server Express

2014年10月02日

Delphi XE6 FireDAC Connection Microsoft SQL Server 2014 Express


1. GroupBox1に
    LabeledEdit1.Caption  [Server]
    LabeledEdit2.Caption  [Database]
    LabeledEdit3.Caption  [user]
    LabeledEdit4.Caption  [Password]
    LabeledEdit5.Caption  [ServerCharSet]
    LabeledEdit6.Caption  [VendorLib]   (2012までは、指定必要 / 2014は指定不要?)

FireDACコンポーネント
  FDConnection1
  FDPhysMSSQLDriverLink1 
  FDGUIxWaitCursor1
  FDQuery1

SpeedButton1 →接続
SpeedButton2 →Create Table
SpeedButton3 →Drop Table

ms001.png
2. FDConnection1→DriverName→MSSQL
ms002.png
3. FDQuery1→Connection→FDConnection1
ms003.png
4. 接続ボタンを押す。 (2012までは、sqlncli11.dllを指定し、実行時にパスを通す必要がありましが、2014では、指定が不要となったようです、間違ってたら、ご指摘ください)
ms004.png
5. Create TABLEボタンを押す。
ms005.png
6. CreateTABLEで、 BOLBは、エラーとなりますので、binary か varbinary に変更します。
ms_blob.png

//------------------------------------------------------------------------------
//Delphi XE6 FireDAC Connection
//Microsoft SQL Server 2014 Express
//------------------------------------------------------------------------------
unit FD_Con_MSSQL2014_Unit;

interface

uses
  Winapi.Windows, Winapi.Messages, System.SysUtils, System.Variants, System.Classes, Vcl.Graphics,
  Vcl.Controls, Vcl.Forms, Vcl.Dialogs, Vcl.StdCtrls, Vcl.ExtCtrls,
  FireDAC.Stan.Intf, FireDAC.Stan.Option, FireDAC.Stan.Param,
  FireDAC.Stan.Error, FireDAC.DatS, FireDAC.Phys.Intf, FireDAC.DApt.Intf,
  FireDAC.Stan.Async, FireDAC.DApt, FireDAC.UI.Intf, FireDAC.VCLUI.Wait,
  FireDAC.Stan.Def, FireDAC.Stan.Pool, FireDAC.Phys, FireDAC.Phys.MSSQL,
  Data.DB, FireDAC.Comp.Client, FireDAC.Phys.ODBCBase, FireDAC.Comp.UI,
  FireDAC.Comp.DataSet, Vcl.Buttons;

type
  TForm1 = class(TForm)
    GroupBox1: TGroupBox;
    LabeledEdit1: TLabeledEdit;
    LabeledEdit2: TLabeledEdit;
    LabeledEdit3: TLabeledEdit;
    LabeledEdit4: TLabeledEdit;
    LabeledEdit5: TLabeledEdit;
    LabeledEdit6: TLabeledEdit;
    Panel1: TPanel;
    SpeedButton1: TSpeedButton;
    SpeedButton2: TSpeedButton;
    Label1: TLabel;
    SpeedButton3: TSpeedButton;
    FDQuery1: TFDQuery;
    FDGUIxWaitCursor1: TFDGUIxWaitCursor;
    FDPhysMSSQLDriverLink1: TFDPhysMSSQLDriverLink;
    FDConnection1: TFDConnection;
    procedure SpeedButton1Click(Sender: TObject);
    procedure SpeedButton2Click(Sender: TObject);
    procedure SpeedButton3Click(Sender: TObject);
  private
    { Private 宣言 }
  public
    { Public 宣言 }
  end;

var
  Form1: TForm1;

implementation

{$R *.dfm}

procedure TForm1.SpeedButton1Click(Sender: TObject);
begin
  FDConnection1.Params.Values['Server']     :=LabeledEdit1.Text;
  FDConnection1.Params.Values['Database']   :=LabeledEdit2.Text;
  FDConnection1.Params.Values['User_Name']  :=LabeledEdit3.Text;
  FDConnection1.Params.Values['Password']   :=LabeledEdit4.Text;
  FDConnection1.Params.Values['CharacterSet']:=LabeledEdit5.Text;
  //FDPhysMSSQLDriverLink1.VendorLib    :=LabeledEdit6.Text;

  FDConnection1.Connected:=True;
  if FDConnection1.Connected=True  then Label1.Caption:='Connection Successful '
  else                                  Label1.Caption:='Not connected';
end;

procedure TForm1.SpeedButton2Click(Sender: TObject);
var
  sqlstmt:string;
begin
  sqlstmt:='CREATE TABLE TEST_TBL '+
  '('+
  'TS_NO      INTEGER  not null,'+
  'TS_NAME    VARChar(30) ,'+
  'TS_QTY     DECIMAL(14,2) Default 0 ,'+
  //'TS_BLOB    BLOB ,'+
  //'TS_BLOB    Binary ,'+
  'TS_BLOB    VarBinary ,'+
  'primary key(TS_NO)'+
  ')';
  if FDConnection1.Connected=true then
  begin
    try
      FDQuery1.SQL.Clear;
      FDQuery1.SQL.Add(sqlstmt);
      FDQuery1.ExecSQL();
      ShowMessage('CREATE TABLE');
    except
      on E: EFDDBEngineException do
      ShowMessage(E.ClassName+' error raised, with message : '+E.Message);
    end;
  end
  else ShowMessage('Connected ERR');
end;

procedure TForm1.SpeedButton3Click(Sender: TObject);
var
  sqlstmt:string;
begin
  sqlstmt:='DROP TABLE TEST_TBL ';
  if FDConnection1.Connected=true then
  begin
    try
      FDQuery1.SQL.Clear;
      FDQuery1.SQL.Add(sqlstmt);
      FDQuery1.ExecSQL();
      ShowMessage('DROP TABLE');
    except
      on E: EFDDBEngineException do
      ShowMessage(E.ClassName+' error raised, with message : '+E.Message);
    end;
  end
  else ShowMessage('Connected ERR');
end;

end.


posted by a23 at 11:48| Comment(0) | 02. MS SQL Server Express