2014年09月10日

Windows7 で、database環境を構築します。

(2014/09/10)
DelphiXE5から、FireDAC(旧AnyDAC)が標準で、バンドルされ、商用/オープンソースの非常に多数のデータベースに容易に、接続できるようになりました。

でも、実際のところは、どうするの?
という疑問をもとに、
計、6種類の商用/オープンソースのデータベースをインストールし、Delphiからの、アクセス環境を手元(ローカル環境)で、構築します。
データベースごとの、アクセスの注意点や、実際のコードを、記述しながら、進めます。

サーバー(Windows7 64bit)と、クライアント(Windows7 32Bit)は、別マシンとします。

firedac_architecture_jp (2).jpg

サーバー機は、Windows7 Pro版64bit 、サービスパック1 (実機でメモリは2GB)
ブラウザは、Google Chromeも使用します。

商用(無償版)
Oracle Database 11g Express Edition(XE)
Microsoft SQL Server 2014 もしくは、Microsoft SQL Server 2012 

オープンソース版 (ライセンス形態が、各々ことなるので注意)
PostgreSQL9.3
MySQL5.6
Firebird 2.5
SQlite3


計、6種類の商用/オープンソースのデータベースをインストールし、Delphiからの、アクセス環境を手元(ローカル環境)で、構築します。
データベースごとの、アクセスの注意点や、実際のコードを、記述しながら、進めます。

共通の設定として、
サーバー側の実機の、ipアドレスは、任意ですが、 このサイトでは、192.168.24.112 とします。 
データベース名 testdb
ユーザー名 各DBのAdmin権限のユーザー
パスワード Passwd6
とします。 

posted by a23 at 19:21| Comment(0) | はじめに
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: