2016年05月18日

CentOS6.7 + PostgreSQL 9.5.xのyumインストール


1.  CentOSのバージョンなど確認
cat /etc/redhat-release
arch
uname -a
01.png

2. 初期値のままだと、8.x系がインストールされるので、yum の設定変更
vi /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo
  exclude=postgresql*
  を[base] と [updates] に追記
02.png

03.png

3.  PostgreSQL9.5のリポジトリを追加
05.png
05-2.png

4.  リポジトリ確認
ls /etc/yum.repos.d 
04.png

5.  yumパッケージの確認
yum list postgresql* 
08.png

6.  PostgreSQL9.5.xをインストールする。
yum -y instal postgresql95-server
09.png
09-2.png

7.  PostgreSQLの初期化
service postgresql-9.5 initdb
11.png

8. PostgreSQLの自動起動の初期状態を確認
chkconfig --list postgresql-9.5
12.png

9. PostgreSQLを起動
service postgresql-9.5 start
13.png

10.  PostgreSQLの起動状態を確認
service postgresql-9.5 status
14.png

11.  PostgreSQLの自動起動をオン
chkconfig postgresql-9.5 on
chkconfig --list postgresql-9.5  で変更した、軌道状態を確認
15.png


12.   PostgreSQLのパスワードを設定
passwd postgres
pass.png

13.  アクセス許可のため、pg_hba.confを編集
vi /var/lib/pgsql/9.5/data/pg_hba.conf
pg_hba-1.png
pg_hba-2.png

14.  アクセス許可のため、postgresql.confを編集
vi /var/lib/pgsql/9.5/data/postgresql.conf  
pgconf-1.png
pgconf-2.png

15.  FireWallのポート開放
vi /etc/sysconfig/iptables
iptablers.png
または
system-config-firewall-tui
で、全面的にオフする、コマンドがない場合はyumでインストール(yum install system-config-firewall-tui)
01.png
02.png

16.  ネットワークの再起動
service network restart
service network restart.png

18.  PostgreSQLの再起動
service postgresql-9.5 restart
pgrestart.png

これで、192.168.24.0/24の外部ユーザーから、ユーザー postgres パスワード (設定したパスワード)で、アクセスできる状態になります。
CentOS5のときは、chkconfig  xxxx on で、サービスに登録されていはずですが、サービスの登録はされないようです(自動起動は、有効になっています) 
service_q.png



posted by a23 at 10:57| Comment(0) | 03. PostgreSQL